• <tbody id="kwczh"></tbody>

    1. <bdo id="kwczh"></bdo>

    2. <tbody id="kwczh"></tbody>
      <option id="kwczh"></option>

      <track id="kwczh"></track>

      全農インターナショナル

      全農 English

      ご挨拶

       我が國の食料消費は、人口の増加と高度経済成長による生活水準の向上にともない急速に拡大してきましたが、少子化による人口減少および年齢構成の変化などですでに減少トレンドに入っており、この傾向が続いた場合、30年後には昭和35年レベルの5,000萬?臺まで落ち込む恐れがあります。一方、海外では、これまで日本が経験してきたような食料消費の拡大が継続的に見込め、また和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたのを契機として、日本の食?食材?食文化への関心も急速に高まっています。このような狀況の中、JA全農グループでは、日本の農業生産の維持拡大と農畜産業振興のため海外需要を取り込むための輸出やインバウンド対応が急務となっています。

      ?。剩寥rグループは、輸出拡大に向けた體制整備を進める中、平成29年4月1日より、これまで複數の部署で行われてきた輸出関連業務について、全農內部に輸出対策部を新たに設置し、現在全農および全農子會社で行っている輸出実務を當社に集約するとともに、全農および當社の海外輸出拠點の拡充に取り組んでいます。

       當社は、本社內に、事業開発部、米穀?園蕓部、畜産部を設け、輸出のための機構および人員を強化し、海外では、これまでの拠點における機構や人員の拡充を図り、重點輸出実施國での新たな拠點を設置し、相手國のニーズ等を把握(マーケットイン)するとともに、新たな需要の掘り起こしと創出を行いながら、品質維持とコスト競爭力のある輸送?流通対策および現地販売機能強化による、輸出サプライチェーンの構築を目指します。

      秋秋影视午夜福利高清